Zeissレンズとブルーナ展

7月にソニーのNEX-3Dを購入し、キットレンズに飽きが出てきた頃。
ネットをさまよっているうちに、オールドレンズ遊びというものを知ってしまいました。
一旦物欲に駆られると止まらなくなる質で、気が付くといつの間にかヤフオクでY/Cマウントのマウントアダプタとレンズ3本を購入していました。
画像
手前左からDistagon T* 28mm F2.8、Planar T* 50mm F1.7、Sonnar T* 135mm F2.8、そして奥がKIPONのC/Y-NEXアダプタです。
比較的安いレンズのみで集めてみましたが、こつこつためたスズメの涙ほどの貯金がかなり飛んでしまいました。

まだまだ欲しいレンズはありますが、どれも今回手に入れたものよりは高いものばかり。
しばらく手が出せそうにありません。
当面はこれで我慢です。

買ってはみたものの、なかなか写真を撮りに行けませんでしたが、先日ようやく出かける用事ができ、やっと日の目を見ることができました。
(といっても重いのでお供はDistagon 28mm F2.8のみですが)

その用事というのがこれ。
画像
水戸市の茨城県近代美術館でやっていた

「ディックブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」

展です。

嫁がわざわざハウステンボスに旅行に行くほどのミッフィー好きなので、これはぜひ行かなくてはと思っていたのですが、いろいろあって結局最終日の1日前になってようやく見に行くことができました。

入口もこんな感じにデコレートされていました。
画像

画像


戦利品はこんな感じ。
画像

会場内のいたるところに、天井から吊るされたミッフィーやボリスの描かれたタペストリーが飾ってあったのですが、
それが売店で売ってなくてがっかりしている嫁がいました。
たとえ売っていたとして、美術館の天井から床まで届くタペストリーをどこに飾るというのか・・・。

それはそれとして。
ブルーナのミッフィー以前のデザインの数々、<ブラック・ベア>や<シャドー>など、今までそのあたりを知らなかったのですが、非常に素晴らしい作品を見ることができ、とても興味深い一日でした、
改めてディック・ブルーナの才能を感じさせられた気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック