自宅発電所9歩目

とうとう太陽光発電の連系開始日になりました。

ソーラーフロンティア製の85Wのパネルが45枚で、トータル出力3.825kWのシステムです。
画像
どれくらい発電してくれるのかなぁ。

まずは売電メーターの取り付け工事です。
関電工の人がやってきて午前中に行われました。
今までのメーター(買電メーター、右)の横に並んで売電メーター(左)が取り付けられました。
画像


そして午後からは本番の連系です。
1時過ぎにコンセプトの工事担当の方と施工業者の方がまずやって来ました。
東電の方が来るのはおそらく2時過ぎぐらいとのこと。
それまでに施工業者の方は太陽光システムの点検検査、コンセプトハウスの方は家の1年点検を行い、どちらも問題なく終了しました。
1年たっても壁紙がまったく浮いて来ていなくてきれいだとびっくりしていました。
家が完成した時も、継ぎ目のほとんどわからない施工を見てコンセプトハウスの方が言っていましたが、かなり上手な壁紙屋さんに当たっていたようです。

そうこうしているうちに東電の方が到着しました。
いろいろと確認作業を実施。
そして、いよいよ。(ようやく?)

連系開始です。

3時を過ぎてしまっていたので発電量はずいぶんと少なかったようですが(正確な数字は見忘れました・・・)、ついに売電が開始されました。
最初に太陽光を載せたいという話をコンセプトハウスの営業の方にしてからはや数か月。
なんとか無事にここまでこぎつけることができました。

ようやく表示モニターを見ることができたので、ちょっと遊んでみました。
4時の時点での発電量はこんな感じです。
画像
24時間換気と冷蔵庫ぐらいが動いた状態で計測。
発電が0.5kW、消費が0.3kW、売電が差引0.2kW。

ここでエアコンを投入。
画像
消費が一気に増加して0.9kWとなり、売電から一転して買電0.4kWとなりました。
売電時は緑に光っていたモニター上部のランプが赤に変化し、買電状態であることを教えてくれます。
これはなかなか面白い機能だと思いました。

本格的な発電は明日から。
どのくらい発電してくれるのか楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック